バッチ・フラワーレメディとは?

エインズワース社のフラワーレメディ

ネルソン社のフラワーレメディ

  

 

  

バッチ・フラワーレメディ とは、

1936年にイギリス人医師 

エドワード・バッチ博士が完成させた

38種類の植物などからできた 

心や感情に作用するエッセンス です。 

 

フラワーレメディは飲用します。

 

バッチ博士は 

病気は 心や感情の不調和 から起こる と 考えていました。

心や感情を癒す力が

自然界の 植物などにはあるのだ、と確信し、

研究に人生を費やしました。

 

花びらに つく キラキラ輝く 朝露が

バッチ・フラワーレメディ(エッセンス)の 原形です。 

 

それぞれの植物が持つ癒しの力を

水に転写したもの、に 保存料(ブランデーや植物性グリセリンなど)で

薄めたもの が、

小さなビンに詰められて 市販されています。

 

現在でも 英国で 1930年代にバッチ博士が完成させた同じ方法で

作り続けられています。

 

世界各国の

医療現場でも使われています。

 

バランスを崩した感情は

レメディのエネルギーが作用することで

穏やかに 本来のバランスのとれた状態に導かれていきます。

 

心のバランスを取り戻す フラワーレメディは、

安全で 副作用や習慣性がなく、他の療法や薬剤とも併用できます。

赤ちゃんからお年寄り、また植物や動物にも 使えるものです。

 

誰もが日常で体験するような

落ち込み、ショック、不安、怒り などの マイナスの精神状態に

穏やかに作用し、本来のバランスが取れた状態を取り戻すのに

役立ってくれるでしょう。

 

 

こちらで使用しております

エインズワース社のフラワーレメディと

ネルソン社のフラワーレメディには

保存料としてアルコールが含まれております。